土屋トカチ(TSUCHIYA Tokachi)監督作品「フツーの仕事がしたい」(A Normal Life,Please/起來!不願過勞死的人們)公式ブログ。下のカテゴリから入ると読みやすい。
by ordinary_labor
カテゴリ
全体
お知らせ
作品紹介
上映情報
上映履歴
メディア情報
予告編
アンケートより
コメント
普及がしたい会
カンパのお願い
リンク
English
お問い合わせ
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
フツーの仕事がしたい
from 春巻雑記帳
本家(?)にリンクして頂..
from 「フツーの仕事がしたい」岩手..
月552時間労働ってフツ..
from 超・分会長の小屋.増改築
「フツーの仕事がしたい」..
from あなたには、この宝物がみえま..
月552時間労働 フツー..
from 自分が大好きなら人生は楽勝
以前の記事
2018年 12月
2017年 03月
2016年 11月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


監督からのコメント

映画「フツーの仕事がしたい」監督の土屋トカチです。
2006年4月8日、私にとって「運命の人」となる皆倉信和さんに出会います。
皆倉さんの職業は、セメントを運ぶトラックの運転手です。
最長で月552時間も働いておられました。
その労働時間に、当初私は耳を疑いました。
一日あたり、いったい何時間働けばその数字になるのか、と。
私が働いている映像業界も、仕事時間はルーズだったりするのですが、
この数字は並外れていました。
そして彼は、かわいそうなくらい疲れきっていました。
年齢が私と同じと聞いて、ひどく驚いたのを覚えています。
肌が土色で、生気を感じられないという印象を受けました。

無事、映画が完成した今「撮影を続けれた原動力は?」と、
訊かれることが多くなりました。それはたぶん、皆倉さんの姿に
自分自身の姿を見てしまったからだと思います。
同い年ということもあるのですが、「これがフツーなんだ」と無茶苦茶な
労働時間も受け入れて、働いていた彼。
真面目で、会社にあまり文句も言わず、黙々と働いていた彼は、
かつての私でもありありました。
長い間、美徳であると信じられきたことが、
本当はちょっと違うのではないのか?
「過労死」という現象が生まれた背景は、もしかしてこれではないのか?
と感じています。

現代日本人にとって鏡のような映画に、仕上げることができたと思います。
「フツーの仕事がしたい」は、あなたにとって、どのように映るでしょう。


d0134233_6245466.jpg
[PR]
by ordinary_labor | 2007-12-15 05:53 | 作品紹介
<< 解説 映画「フツーの仕事がしたい」の... >>