土屋トカチ(TSUCHIYA Tokachi)監督作品「フツーの仕事がしたい」(A Normal Life,Please/起來!不願過勞死的人們)公式ブログ。下のカテゴリから入ると読みやすい。
by ordinary_labor
カテゴリ
全体
お知らせ
作品紹介
上映情報
上映履歴
メディア情報
予告編
アンケートより
コメント
普及がしたい会
カンパのお願い
リンク
English
お問い合わせ
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
フツーの仕事がしたい
from 春巻雑記帳
本家(?)にリンクして頂..
from 「フツーの仕事がしたい」岩手..
月552時間労働ってフツ..
from 超・分会長の小屋.増改築
「フツーの仕事がしたい」..
from あなたには、この宝物がみえま..
月552時間労働 フツー..
from 自分が大好きなら人生は楽勝
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2016年 11月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本映画学校にて上映

d0134233_1829413.jpg

7月4日(土)に、川崎市新百合ヶ丘にある日本映画学校にて
「フツーの仕事がしたい」を上映していただきいました。
日本映画学校の学生さんをはじめ
地域のみなさん、川崎市アートセンターの会員の皆様に
観ていただきました。

日本映画界の「虎の穴」 ←勝手に命名(汗)
の試写室は、校舎4階にあり
卒業作品などを上映するスペースなので
元学生の方には、とても思いで深く、大変緊張するい場所なのだそうです。
(先日、バックドロップ・クルディスタンのプロデューサー・大澤一生さんに
伺いました。)

私もちょっと緊張しましたが、司会をしていただいた
副学長の千葉監督、企画をしていただいた
教務課の大西さんのおかげで、楽しくトークすることが出来ました。
上映についても、劇場のシステム同様で完璧!
音量などは、エンディング曲が素晴らしくかっこよく
響きました。ありがとうございました。

上映後は、沢山の学生の方や一般の方から
声をかけていただきました。
中には私の同じ出身大学(学部学科まで同じ!)方まで
いらっしゃって、嬉しかったです。

映像関連の学校に通ったことのない
私には、日本映画学校は新鮮に映る場所でした。
貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

映像関連の職場も、運送・建築関連の職場と同じく
厳しい職場が少なくありません。
映像業界に進みたいと思っている方も
「フツーの仕事がしたい」は参考になるかと思います。
次回は7月20日、阿佐ヶ谷で上映します。
是非、ご覧ください。
[PR]
by ordinary_labor | 2009-07-10 18:55 | お知らせ
<< 7月20日、阿佐ヶ谷上映会迫る! 次回上映は、7月20日阿佐ヶ谷 >>