土屋トカチ(TSUCHIYA Tokachi)監督作品「フツーの仕事がしたい」(A Normal Life,Please/起來!不願過勞死的人們)公式ブログ。下のカテゴリから入ると読みやすい。
by ordinary_labor
カテゴリ
全体
お知らせ
作品紹介
上映情報
上映履歴
メディア情報
予告編
アンケートより
コメント
普及がしたい会
カンパのお願い
リンク
English
お問い合わせ
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
フツーの仕事がしたい
from 春巻雑記帳
本家(?)にリンクして頂..
from 「フツーの仕事がしたい」岩手..
月552時間労働ってフツ..
from 超・分会長の小屋.増改築
「フツーの仕事がしたい」..
from あなたには、この宝物がみえま..
月552時間労働 フツー..
from 自分が大好きなら人生は楽勝
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2016年 11月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

メディア情報その三

本日は何を隠そう、「フツーの仕事がしたい」監督である土屋トカチの誕生日。
37年も生きていると大変やね~。お疲れ様!
甘いものは、あんまり食べないので、
芋焼酎などなら受け付けますよ・・・(笑)。

冗談はともかく、メディア情報その三!
本日は、私の誕生日を祝うかのように
大きなネタが飛びこんできました。


d0134233_18535911.jpgNPO法人アワープラネットTV
ContAct(コンタクト)という番組内で
取材をしていただきました。
約14分の番組に、
監督・土屋トカチのインタビューと
本編映像もちょっぴっとあります。
直接いくにはこちら
← 口、開いてるで~。


2008年9月25日付 朝日新聞神奈川版
ドキュメンタリー「フツーの仕事がしたい」
見出しタイトルも、そのままズバリ! シメの言葉が効いていますね。
土屋監督は「『この業界では普通』『うちは特殊だから』と
自分に言い聞かせながら働いている人が多いのではないか。
フツーの仕事って何だろう。
あなたはフツーに働いてますか」と問いかける。

2008年9月25日付 朝日新聞神奈川版
同日同紙面の記事労働とは 格差とはで、
横浜 シネマ ジャック&ベティにて開催される
特集「労働・オブ・ザ・リング」が紹介されています。

「蟹工船」「時代を撃て・多喜二」「にあんちゃん」
「人らしく生きよう~国労冬物語」「女工哀歌(エレジー)」と並んで、
「フツーの仕事がしたい」が紹介されています。

後日、ウェブ上の映画サイトをまとめます!
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-25 19:07 | メディア情報

看板できました

ポレポレ東中野のビルの壁に看板が出来ました。
私の友人であり、ソウルメイト(!)でもある画家、武盾一郎さんに
描いていただきました。
d0134233_20595859.jpg

後日、制作風景の動画もUPします。
中央線・総武線の車窓から、
東中野駅のプラットホームから見えますよ~。

作品内容と違って、淡く美しい看板に仕上がっていますね。
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-24 21:04 | お知らせ

メディア情報その二

劇場公開まであと2週間を切りました。
これまで掲載されたメディア情報を新しい順にまとめてみます。
まずは、週刊誌・月刊誌から。

d0134233_030218.jpg
映画秘宝08年11月号 洋泉社

現代蟹工船映画の世界という
特集ページで紹介されています。
なぜ、いま蟹工船映画なのか?
~「蟹工船」(53年)から
「フツーの仕事がしたい」(08年)
まで~との見出し。
監督名が土屋トチカ、
映像クループ ローポジションと
記されているのはご愛嬌。
正しくは土屋トカチ、
映像グループ ローポジションです。

d0134233_0362341.jpg
サンデー毎日10月5日号 
サンデー毎日
ニュースナビのコーナーP38に掲載。
記事は、映画批評家の木下昌明さん。
熱の入った、激烈な文章を寄せていただきました。








d0134233_0415885.jpg
GALAC(ぎゃらく)08年10月号
放送批評懇談会
ライターの岩本太郎さんが、自身の連載「青春18メディア紀行」にて
記していただきました。
レイバーネット日本、ユニオンチューブと混じって
記述していただきました。


d0134233_21272044.jpg
月刊イオ10月号 
株式会社朝鮮新報社

ライターの遠藤裕二さんに、
カラーページへ
記していただきました。
遠藤さんは、プレス試写にて作品をご覧いただき
褒めてもらいました。
その後もいろんな媒体で
大変お世話になっています。


d0134233_20511147.jpg

思想運動 
2008年9月1日号(No.810)

こちらも遠藤裕二さんに
インタビューしていただいた記事です。

「中立」を越えた、労働者の側に立った映像を」という見出し。
たっぷりインタビューが
読めます。








あとは、9月の毎日新聞3連発! 
9月18日の神奈川版「神奈川のひと」で紹介されました。 記事はこちら
「人のつながり作品に 低い目線で世の中見つめる」←カッコイイ!

9月15日の関東地方版。 記事はこちら
レイバー映画祭2008のことがメイン。
少しだけ、「フツーの仕事がしたい」のことも。 

9月8日の東京版。 記事はこちら
こちらは、ユニオンチューブと市民メディアセンターMediR(メディアール)が
メイン。ほんの少しだけ、「フツーの仕事がしたい」のことも。 


その他、ウェブ記事も多数。
後日更新しますね!
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-23 01:04 | メディア情報

女工哀歌(エレジー)と相互割引!

d0134233_13532712.jpg

女工哀歌(エレジー)


←この作品と「フツーの仕事がしたい」が、相互割引を行うことになりました!
時給7円(!)でジーンズを縫う、中国の16歳の少女たちを見つめたドキュメンタリーです。



「フツーの仕事がしたい」は、漫画「魁!男塾」と並ぶほど、
ほとんど女性が登場しない映画なので、
「女工哀歌(エレジー)」と併せて観ることで
ジェンダーバランスが保たれることでしょう・・・。

冗談はともかく、日本でも中国でも働く者の権利が奪われている。
2本の映画を観ることで、その現状認識が出来ます。


「フツーの仕事がしたい」の半券提示で、
「女工哀歌(エレジー)」の一般・学生料金から200円割引いたします。
また、「女工哀歌(エレジー)」の半券提示で、
「フツーの仕事がしたい」も同じく割引が適用されます。

どうぞこの機会に、両作あわせてご鑑賞ください。
よろしくね~。
尚、他割引との併用、1000円以下の料金には適用されません。ご注意を。
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-16 13:47 | お知らせ

POSSE主催・先行上映会!

d0134233_649549.jpg

「フツーの仕事がしたい」の劇場公開まで残り3週間を切りました。
もうすぐですよ、皆さん!
チケット買ってや。
そんな中、一足先に「フツーの仕事がしたい」観ていただける
スペシャルなイベントが開催されます。

労働問題を考える若者のためのNPO法人POSSE(ポッセ)が主催。
ゲストもスペシャル!作家の雨宮処凛さんです。
日時は9月28日(日)14時から。こちらも要チェックです!

イベントタイトルは、
現代版リアル蟹工船『フツーの仕事がしたい』上映会です。

■イベント概要
 日  時:2008年9月28(日)14:00~16:30
 場  所:T’s SALON 2Fイベントスペース 地図
      東京都渋谷区渋谷1-6-8 渋谷井上ビル2F(JR・京王井の頭線渋谷駅より徒歩5分)
 タイトル:現代版リアル蟹工船『フツーの仕事がしたい』上映会
 内  容:映画『フツーの仕事がしたい』上映、
       雨宮処凛さん&土屋トカチ監督トークショー
 入 場 料:1000円

■イベント解説
プロレタリア文学の名作、『蟹工船』がブームになっています。
非正規労働の拡大やワーキングプアの増大など、
現代の過酷な労働が『蟹工船』と重ね合わされ、若者に反響を呼んでいます。

そんななか、一つのドキュメンタリーが完成し、
「現代の『蟹工船』」と注目を集めています。
それが、『フツーの仕事がしたい』です。

この作品が描くのは、バラセメント(セメントの粉)を輸送する運転手、
皆倉さんの姿です。
1日19時間の長時間労働、危険な過積載、
個人請負、過労による事故や病気…
殺人的な労働条件のなかで、彼はユニオンに加入して
闘う道を選びます。
脅迫や重病などの困難を乗り越えて、
ユニオンの仲間と共に成果を
勝ち取るまでが記録されています。

今回のイベントでは、この『フツーの仕事がしたい』の上映の他に、
監督の土屋トカチさんと『蟹工船』ブームの立役者でもある
作家の雨宮処凛さんのトークを行います。
本作の制作の裏話や、『蟹工船』の共通点、
『蟹工船』がなぜ今流行るのかをお話しいただきます。
ぜひご来場下さい。

■タイムテーブル
 13:30 開場
 14:00 開始/主催者あいさつ
 14:05 監督あいさつ
 14:10 映画『フツーの仕事がしたい』(2008年制作)上映
 15:20 休憩
 15:30 雨宮処凛さん&土屋トカチ監督トークショー
 16:20 主催者あいさつ
 16:30 終了  ※イベント後、懇親会を予定
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-14 22:19 | お知らせ

看板つくります

本日9月13日より
3日間の予定で、ポレポレ東中野の立て看板を作成します。

絵を描いていただくのは、私の友人の画家・武盾一郎さん。
新宿で野宿を余儀なくされた「ホームレス」のダンボールハウス、
阪神大震災後の被災地における仮設住宅など
「現場」で絵を描かれてきた方です。

ポレポレ東中野のビルにへばりつく巨大な立て看板。
中央線の車窓からも丸見え。
話題になること必至デス!
d0134233_7234227.jpg

ここに来週頭には、絵が入ります。
看板作成の模様は、
後日動画にて報告します。

そして、9月13日17時頃から
インターネットテレビの
あっとおどろく放送局にて
「フツーの仕事がしたい」のアピールをしてきます。
なんと生放送っス!
共演は、宣伝を手伝っていただいている
Mさんです。どうなることやら・・・。
生放送で、どなたでもご覧いただけます。
・・・でもちょっと恥ずかしいから、ギリギリでお知らせしました。

あっとおどろく放送局
詳細はこちら
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-13 07:09 | お知らせ

東京・東中野 ポレポレ東中野 にて

2008年10月4日より31日まで
ポレポレ東中野専用 前売券 絶賛発売中! チケットぴあ Pコード:479-837
10/4(土)~10/17(金) 13:00/14:35/18:40/20:15 
10月6日(月)13:00、14:35の回のみ休映。
10/18(土)~10/24(金) 13:00/14:35/16:10/18:40/20:15
10/25(土)~10/31(金) 13:00/14:35/16:10/18:40

豪華ゲスト&労働問題最前線ゲスト!トーク有り。
日程調整中。発表は後日、こちらのブログで!

ポレポレ東中野
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-11 07:29 | 上映情報

横浜・黄金町 シネマ ジャック&ベティ にて

2008年10月11日より24日まで
10/11(土)~17(金) 12:40/19:40 
10/18(土)~24(金) 12:40/21:00

連日12:40回は土屋トカチ監督が自転車で来場。舞台挨拶を開催予定。
10/12(日)19:40回終了後、マーガレットズロース(主題歌)ミニライブ!
10/18(土)21:00回終了後、友部正人さんミニライブ!

特集上映「労働・オブ・サ・リング」
「蟹工船」 「時代(とき)を撃て・多喜二」 「にあんちゃん」 
「人らしく生きよう-国労冬物語」 
「女工哀歌(エレジー)」の名作・話題の新作と並んで上映!
月収20万円以下割引アリ。

シネマ ジャック&ベティ
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-10 07:34 | 上映情報

from 中川敬さん (ソウル・フラワー・ユニオン)

ケン・ローチやマイケル・ムーアの諸作同様、
これぞ記録映画の迫真ではないか!

土屋トカチは、底辺から立ち上る憤怒の声と響き合いながら、
当節あるべき「表現」の源流へと向かい、
まさしく「映画」を実現させたのだ!

ここにあるのは、産業革命以降、地球上にあまたあった、
そして今もある、平和に生きる権利を希求する者達の、
尊厳をかけた「怒りの作法」である。
声を上げること。団結連帯すること。響き合うこと。思いやること……。
そこからしかこの階級的人間社会、いかようにもたち行かない、
ということを、本作は、あらためて想起させてくれる。
ピッチャーが玉を投げない限り野球は始まらないし、
ミュージシャンが音を鳴らさない限り音楽業界は成立しないのである! 
THERE IS POWER IN A UNION!

本作は、正真正銘「我々の映画」だ。
よって、隣近所誘い合わせて、みんなで観るべきである。
銀幕にキッス。さあ、みんなで広報しよ!!


中川敬(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン/モノノケ・サミット)
[PR]
by ordinary_labor | 2008-09-06 02:17 | コメント