土屋トカチ(TSUCHIYA Tokachi)監督作品「フツーの仕事がしたい」(A Normal Life,Please/起來!不願過勞死的人們)公式ブログ。下のカテゴリから入ると読みやすい。
by ordinary_labor
カテゴリ
全体
お知らせ
作品紹介
上映情報
上映履歴
メディア情報
予告編
アンケートより
コメント
普及がしたい会
カンパのお願い
リンク
English
お問い合わせ
検索
ブログパーツ
最新のトラックバック
フツーの仕事がしたい
from 春巻雑記帳
本家(?)にリンクして頂..
from 「フツーの仕事がしたい」岩手..
月552時間労働ってフツ..
from 超・分会長の小屋.増改築
「フツーの仕事がしたい」..
from あなたには、この宝物がみえま..
月552時間労働 フツー..
from 自分が大好きなら人生は楽勝
以前の記事
2018年 12月
2017年 03月
2016年 11月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

A NORMAL LIFE, PLEASE (Futsu no shigoto ga shitai)

Raindance 17th Film Festival
Best Documentary Award

6th Dubai International Film Festival
Muhr AsiaAfrica Awards - Documentaries First Prize

The 33th Hong Kong International Film Festival
Humanitarian Awards for Documentaries nominated
The 9th Nippon Connection film festival Official selection
The 11th BARCELONA ASIAN FILM FESTIVAL Official selection
CAMERA JAPAN FESTIVAL 2009 Official selection
2009 KAOHSIUNG FILM FESTIVAL Official selection
Nippon Koma Festival2009 Official selection
Video Act! Japanese Documentary Film Now!!!(Philippine) Official selection
The 5th International Labor Film Festival(Turkey)Official selection
Shinsedai Cinema Festival2010(Canada) Official selection
The 19th Hot Springs Documentary Film Festival (USA)
Official selection
Japan-Square Film Festival (Belgium) Official selection


Release Date : October, 4th, 2008
Screen Time : 70 min.
Genre : Documentary

Color : Color
Screening Format : DVCAM
Screen Size : Standard (1:1.37)
Sound System : Optical
Sound Processing : Stereo

[ Directed by ]
TSUCHIYA Tokachi

[ Produced by ]
TSUCHIYA Tokachi

[ Cast ]
KAIKURA Nobukazu

[ Staff ]
•TSUCHIYA Tokachi Cinematography
•TSUCHIYA Tokachi Editor
•TSUCHIYA Tokachi Narration
•MARGARET DRAWERS Theme Song
•Rentai Union(Zennihon kensetsu unyu rentai roudou kumiai)Research Support
•KAIKURA Tae Research Support
•KAIKURA Mitsuhiro Research Support

[ Production Company ]
Shirahamadai eizo jimusho, group Low Position

[ Story ]
Since 1999, the Japanese government has taken major steps
forward to relax labour regulations under
the pretext of increased competition in the global market.
As a result, there are now more than 16 million irregular workers
and conditions in many work environments are rapidly worsening.
However, many workers don’t even possess basic knowledge
about their rights and accept these harsh circumstances.
The subject of this documentary is a cement transport truck driver.
On top of working 552 hours a month, he does not get paid overtime,
does not receive social insurance benefits
and cannot take paid holidays.
One day, this seemingly weak-willed young man stands up for himself
and demands a nomal life…

[ Contact ]
group Low Position
4-10-204, Cyojyamachi, naka-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 231-0033
tel: +81-45-228-7976
fax: +81-45-228-7976
E-mail: tsuchiya_to@hotmail.co.jp (JAPAN),
intl_lowposi@yahoo.co.jp (International)
[PR]
by ordinary_labor | 2010-05-30 21:07 | English

次回、6月5日!岩手県宮古市、三重県松阪市にて

次回は6月5日、岩手県宮古市シネマリーン、
三重県松阪市立第二小学校体育館での上映です!

5月28日、東京都千代田区・PARC自由学校での上映は終了しました!
約30名の方に、ご覧いただきました。
この日の最年少のお客様は中学一年生!
学校の担任の先生に薦められ、お父さんを説得し
映画「フツーの仕事がしたい」を観てくれました。
まだまだ世の中、希望がある!そんな上映会でした。
ありがとうございました~。

NEW!6月21日、渋谷・UPLINKでの上映が決定しました!
NEW!7月1日、北海道大学での上映が決定しました!

上映情報詳細は、下記へスクロール。

しばらくの間、DVD化はありません。是非上映会へ足をお運びください!



~今後の上映予定(日程順)~

<岩手><劇場特別上映>
上映会場:みやこシネマリーン CINEMARINE 
岩手県宮古市小山田2-2-1マリンコープDORA2F
TEL&FAX0193-64-5588
 
2010/6/5(土)①13:20~ ②14:40~ 
料金:一般/シニア500円 ※学生以下は無料!!

シネマリーンさんは、市民活動によって生まれた
日本で唯一の「映画の生活協同組合」とのことです。
以前、上映会を企画してくださった岩手上映会実行委員会様から
推薦していただきました。
ありがとうございます。

<三重><自主上映>
上映会場:三重県松阪市立第二小学校・体育館 松阪市垣鼻町633番地 
2010/6/5(土)15:00~
料金:無料
上映後、土屋監督のトーク有り。
会場の都合上、予約制になります。
主催事務局(0598-50-0181)までお問い合わせください。
主催:松阪地区同和教育推進協議会事務局

<東京><イベント上映>
痛快!ドキュメンタリーvol.1
「人らしく生きよう~国労冬物語」×「フツーの仕事がしたい」
上映会場:渋谷・UPLINK イベント詳細はこちら
2010/6/21(月) 18:30開場/19:00開演
上映後、松原明監督、佐々木有美監督、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:一律2,000円(1ドリンク付)

四半世紀にも及ぶ、国鉄分割・民営化に 伴うJR不採用問題。
解決へ向けて運動を鼓舞し続けた名作『人らしく生きよう~国労冬物語』と、
月約550時間を超える労働を強いられた、トラック運転手を追った
『フツーの仕事がしたい』を一挙上映!

土屋監督が大きな影響を受けた『人らしく生きよう~国労冬物語』。
この作品に出会っていなかったら『フツーの仕事がしたい』は
生まれていなかったかもしれない。
同時上映は貴重な機会です!是非!

<北海道><自主上映>
上映会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟・2階・W203室 
2010/7/1(木)18:30開場/18:45開演
料金:無料
主催:「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部
上映後、神沼公三郎教授(北大教職員組合執行委員長)と
土屋監督とのトーク有り。

北海道大学での上映が決定しました!
学生・教職員の有志の皆さまにより
「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部が結成され、
上映会を企画していただきました。
ありがとうございます。
昨年の札幌・シアターキノでの上映より約1年ぶり。
札幌での上映です!


映画をご覧いただいた方から、
自主上映についてのご相談も多く受けるようになりました。
これまで、地域や労働組合、学校などにおいて
上映されています。
2010年からは、特に中学校・高等学校・定時制高校などで
上映活動を広げていきたい
と願っております。

また、岩手上映会実行委員会様や、「フツーの仕事がしたい」新潟上映会様のように、
地域で上映実行委員会を結成し、
賛同者を募る方法を独自にとられている例もございます。

お気軽にご相談ください。
こちらへどうぞ。
[PR]
by ordinary_labor | 2010-05-29 09:51 | 上映情報

次回、5月28日PARC自由学校!

次回は5月28日19時、東京・千代田区PARC自由学校での上映です!

5月15日、大分県宇佐市・さんさん館での上映は終了しました!
約210名の方にご覧いただきました。
ありがとうございました~。

NEW!6月5日、三重県松阪市での上映が決定しました!
NEW!6月5日、岩手県宮古市での上映が決定しました!
NEW!6月21日、渋谷・UPLINKでの上映が決定しました!
NEW!7月1日、北海道大学での上映が決定しました!

上映情報詳細は、下記へスクロール。

しばらくの間、DVD化はありません。是非上映会へ足をお運びください!



~今後の上映予定(日程順)~

<東京><イベント上映>
特別オープン講座 ドキュメンタリー映画と語ろう!!
上映会場:PARC自由学校 講座詳細はこちら
2010/5/28(金) 19:00~
上映後、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:1,500円(本講座のみの特別料金)

講座は全6回です。その他の講座では、
『外泊』/キム・ミレ監督、『Women in Struggle─目線』/ブサイナ・ホーリー監督
『アンナへの手紙』/エリック・バークラウト監督、『沈黙を破る』/土井敏邦監督、
『バオバブの記憶』/本橋成一監督 が上映されます。
日本の作品は、それぞれ監督自身がトークされます。要チェック!

<岩手><自主上映>
上映会場:みやこシネマリーン CINEMARINE 
岩手県宮古市小山田2-2-1マリンコープDORA2F
TEL&FAX0193-64-5588
 
2010/6/5(土)①13:20~ ②14:40~ 
料金:一般/シニア500円 ※学生以下は無料!!

シネマリーンさんは、市民活動によって生まれた
日本で唯一の「映画の生活協同組合」とのことです。
以前、上映会を企画してくださった岩手上映会実行委員会様から
推薦していただきました。
ありがとうございます。

<三重><自主上映>
上映会場:三重県松阪市立第二小学校・体育館 松阪市垣鼻町633番地 
2010/6/5(土)15:00~
料金:無料
上映後、土屋監督のトーク有り。
会場の都合上、予約制になります。
主催事務局(0598-50-0181)までお問い合わせください。
主催:松阪地区同和教育推進協議会事務局

<東京><イベント上映>
痛快!ドキュメンタリーvol.1
「人らしく生きよう~国労冬物語」×「フツーの仕事がしたい」
上映会場:渋谷・UPLINK イベント詳細はこちら
2010/6/21(月) 18:30開場/19:00開演
上映後、松原明監督、佐々木有美監督、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:一律2,000円(1ドリンク付)

四半世紀にも及ぶ、国鉄分割・民営化に 伴うJR不採用問題。
解決へ向けて運動を鼓舞し続けた名作『人らしく生きよう~国労冬物語』と、
月約550時間を超える労働を強いられた、トラック運転手を追った
『フツーの仕事がしたい』を一挙上映!

土屋監督が大きな影響を受けた『人らしく生きよう~国労冬物語』。
この作品に出会っていなかったら『フツーの仕事がしたい』は
生まれていなかったかもしれない。
同時上映は貴重な機会です!是非!

<北海道><自主上映>
上映会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟・2階・W203室 
2010/7/1(木)18:30開場/18:45開演
料金:無料
主催:「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部
上映後、神沼公三郎教授(北大教職員組合執行委員長)と
土屋監督とのトーク有り。

北海道大学での上映が決定しました!
学生・教職員の有志の皆さまにより
「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部が結成され、
上映会を企画していただきました。
ありがとうございます。
昨年の札幌・シアターキノでの上映より約1年ぶり。
札幌での上映です!


映画をご覧いただいた方から、
自主上映についてのご相談も多く受けるようになりました。
これまで、地域や労働組合、学校などにおいて
上映されています。
2010年からは、特に中学校・高等学校・定時制高校などで
上映活動を広げていきたい
と願っております。

また、岩手上映会実行委員会様や、「フツーの仕事がしたい」新潟上映会様のように、
地域で上映実行委員会を結成し、
賛同者を募る方法を独自にとられている例もございます。

お気軽にご相談ください。
こちらへどうぞ。
[PR]
by ordinary_labor | 2010-05-17 11:09 | 上映情報

次回、5月15日大分県宇佐市!

次回は5月15日14時から、大分県宇佐市での上映です!

第5回トルコ国際労働者映画祭は、
主要3都市で無事に終了されてとのことです。
オープニングでは、土屋監督のビデオメッセージも
上映されたとのこと。

ビデオメッセージは、第5回トルコ国際労働者映画祭のウェブサイト
画面右、ビデオ欄などでご覧いただけます。

その他の地方でも、南東部ディヤルバクル県では
5月19日-26日の予定。徐々に全国で展開されるようです!

上映情報詳細は、下記へスクロール。

しばらくの間、DVD化はありません。是非上映会へ足をお運びください!



~今後の上映予定(日程順)~

<大分><自主上映>
上映会場:大分県宇佐市勤労福祉センターさんさん館 地図PDF
宇佐市大字四日市391-10
2010/5/15(土) 14:00~
上映後、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:1,000円

大分県内では初上映です!
監督の土屋ほか、撮影協力していただいた
連帯ユニオンのメンバーも参加予定です。

<東京><イベント上映>
特別オープン講座 ドキュメンタリー映画と語ろう!!
上映会場:PARC自由学校 講座詳細はこちら
2010/5/28(金) 19:00~
上映後、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:1,500円(本講座のみの特別料金)

講座は全6回です。その他の講座では、
『外泊』/キム・ミレ監督、『Women in Struggle─目線』/ブサイナ・ホーリー監督
『アンナへの手紙』/エリック・バークラウト監督、『沈黙を破る』/土井敏邦監督、
『バオバブの記憶』/本橋成一監督 が上映されます。
日本の作品は、それぞれ監督自身がトークされます。要チェック!


映画をご覧いただいた方から、
自主上映についてのご相談も多く受けるようになりました。
これまで、地域や労働組合、学校などにおいて
上映されています。
2010年からは、特に中学校・高等学校・定時制高校などで
上映活動を広げていきたい
と願っております。

また、岩手上映会実行委員会様や、「フツーの仕事がしたい」新潟上映会様のように、地域で上映実行委員会を結成し、
賛同者を募る方法を独自にとられている例もございます。

お気軽にご相談ください。
こちらへどうぞ。
[PR]
by ordinary_labor | 2010-05-10 16:57 | 上映情報

次回、5月15日大分県宇佐市!トルコでも上映中!

5月4日(火・祝)、阿佐ヶ谷ロフトAでの上映は終了しました。
大型連休中にも関わらず、会場は満席となる盛況ぶりとなりました。
企画していただいたムービーユニオン、インディユニオンの皆さま、
出演者の皆さま、お客様、ありがとうございました!
同じ映像で生活しておる者として、ラピュタ阿佐ヶ谷における
不当解雇事件の早期解決を願います。

次回は5月15日、大分県宇佐市での上映です!
第5回トルコ国際労働者映画祭にて、絶賛上映中です!

上映情報詳細は、下記へスクロール。

しばらくの間、DVD化はありません。是非上映会へ足をお運びください!



~今後の上映予定(日程順)~

<トルコ><映画祭>
The 5th International Labor Film Festival(Turkey) 
V. Uluslararası İşçi Filmleri Festivali


5月1日から7日間、イスタンブール、アンカラ、イズミルなどの
主要都市で同時開催されるそうです。
上映作品一覧はこちら

本映画祭における「フツーの仕事がしたい」の上映スケジュール
(リンク先はトルコ語のみ)
5月4日(火) 14:15 環境工学エンジニア協会ホール
5月5日(水) 18:00 KargArt 美術ギャラリーホール
5月7日(金) 15:30 映画労働者組合(SINE-SEN)シシハーネ地区ホール 
5月8日(土) 15:45 カドゥキョイ地区人民の家ホール 
5月9日(日) 15:00 教職員組合(EGITIM-SEN)第4支部ガジオスマンパシャ地区ホール

イスタンブール内のほとんどの独立系映画館に加えて
労働者組合や職業団体の集会所が上映会場になっているとのこと。
規模が違う!労働者の文化に対する意識が違う!
日本は労働者文化が遅れているなと痛感させられます!

映画祭後は、約1年をかけてトルコの町で巡回上映されます。
日本からの長編作品の上映は、「フツーの仕事がしたい」が初めてとのこと。
とても嬉しいです!

第5回トルコ国際労働者映画祭のパンフレットPDFはこちら
「フツーの仕事がしたい」は、63ページに紹介されています。
こちらはトルコ語・英語併記です。

<大分><自主上映>
上映会場:大分県宇佐市勤労福祉センターさんさん館 地図PDF
宇佐市大字四日市391-10
2010/5/15(土) 14:00~
上映後、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:1,000円

大分県内では初上映です!
監督の土屋ほか、撮影協力していただいた
連帯ユニオンのメンバーも参加予定です。

<東京><イベント上映>
特別オープン講座 ドキュメンタリー映画と語ろう!!
上映会場:PARC自由学校 講座詳細はこちら
2010/5/28(金) 19:00~
上映後、土屋トカチ監督のトークあり。
料金:1,500円(本講座のみの特別料金)

講座は全6回です。その他の講座では、
『外泊』/キム・ミレ監督、『Women in Struggle─目線』/ブサイナ・ホーリー監督
『アンナへの手紙』/エリック・バークラウト監督、『沈黙を破る』/土井敏邦監督、
『バオバブの記憶』/本橋成一監督 が上映されます。
日本の作品は、それぞれ監督自身がトークされます。要チェック!


映画をご覧いただいた方から、
自主上映についてのご相談も多く受けるようになりました。
これまで、地域や労働組合、学校などにおいて
上映されています。
2010年からは、特に中学校・高等学校・定時制高校などで
上映活動を広げていきたい
と願っております。

また、岩手上映会実行委員会様や、「フツーの仕事がしたい」新潟上映会様のように、地域で上映実行委員会を結成し、
賛同者を募る方法を独自にとられている例もございます。

お気軽にご相談ください。
こちらへどうぞ。
[PR]
by ordinary_labor | 2010-05-05 18:35 | 上映情報